目のことならなんでも治る魔法の手術なの?

レーシックは「フェトムセカンドレーザー」と、「エキシマレーザー」を駆使した手術というのを前回の「どんな手術をするの?」で説明したな。今回このページではレーシックは基本的になんでも治ってしまいそうなイメージなんじゃが、レーシックではどこまでの目の悩みが解決するのかを解説するぞい。

よく考えたらレーシックでは何が治るのかを明確に先に説明しておくべきだったのぉ。まぁ気を取り直して解説してみようかの♪(笑)。

結論を言えば角膜の上にレンズを焼き付ける手術

結論的には、レーシックは目の性能をあげるわけじゃあなんじゃな。あくまで角膜の屈折力を変化させるだけの手術じゃ。つまり今現在メガネとか、コンタクトレンズをつけていて、デスクワークなどで目がすごく疲れたり頭痛を感じたり目が乾いていたりするときはこれを解消するコトはできん。

むしろ自分に必要な視力でないからであって、その度数をきちんと合わせれば解消されるコトが大半じゃ!それらの悩みはレーシックで解消は出来んのじゃ。レーシックは言わば角膜にレンズをレーザーで削ってレンズを今ある状態を作るから一生取り外しが出来んのじゃ。

目に他の不安がある場合は、安易にレーシックを受ければ解消するというわけでもないぞい。角膜にレンズを作るだけだから治療でなく手術なんじゃ。この状態でレーシックを受けたからといってもなんも解決せんぞい。こういった不満をキチンと治してからの検討がいいと思うぞい。

多くの場合はメガネやコンタクトレンズの矯正度数を変えるだけで治ったりもするものじゃ。その上で毎日の手入れやケアが面倒だったり、仕事や趣味でどうしても裸眼がいいという人はレーシックを選択肢として入れてみるのがいいぞい。

さて、ここでレーシックを選択肢として考えたいなと検討している人じゃが、実は残念ながら、受けるコトができない人もいるんじゃ。

— posted by マナピー at 03:55 pm