[ カテゴリー » 日 記 ]

住宅ローンの見直しを!デフレ時代には借金の重みが増す

マイホームを購入してしばらく経つと、住宅ローンに無関心になってしまう人もいると思います。一方、このところの景気悪化でボーナスが減ってボーナス払いが苦しくなり、住宅ローンのことを考えざるを得ない状況になった人も多いと思います。

2008年の民間の平均給与(「民間給与実態統計調査」国税庁)を見ると、前年より17%も減って、過去最大の減少率でした。特に「賞与」の落ち込みが大きく、前年比で6%も減っています。好景気でボーナスが増えていく体験をしている40代はボーナスが激減することは想定しにくかっだのではないでしょうか。

これだけ経済状況が変動すると、家計も大変になります。借り入れした時と状況が大きく変わってしまえば、住宅ローンの返済計画が狂ってしまうこともあるでしょう。ここで、一度、住宅ローンについてきちんと考えてみたいものです。

給与は減ってもローンは減らない

大きな経済の流れを見れば、日本はこのところ「デフレ」傾向にあります。デフレとは物価が下がること。つまりモノの値段が下がるということですから、お金の価値は上がる。今年より来年のほうがモノの値段が安くなるなら、同じ1,000円でも、今年の1,000円より、来年の1,000円の方が、沢山モノが買えるわけです。

一方、モノの値段が下がれば、企業の売り上げは減って利益も減り、その結果お給料も減ります。お給料が下がれば、モノを買わなくなりますから、益々モノの値段も下がるというスパイラルになります。

では、その中で住宅ローンという借金を考えてみると、どうでしょうか。デフレになっても借金は減りません。住宅ローンの支払い額は決まっている一方で、お給料は減るわけですから、家計における借金の重みが増してしまうことになってしまいます。苦しくなるわけですよね。

身軽にしておくのも一つの方法

マイホームという不動産を持つことはインフレ時代には現金の価値が下がることのヘッジになりましたが、デフレ時代には、そういう意味がなくなるということでしょう。これから先、経済がどうなるかはわかりませんが、借金を減らして身軽にしておくのも一つの方法だと思います。

まずは住宅ローンの残高、返済期間、返済方法、借り入れ金利などを、一度きちんと確認してみましょう。今後どれだけの期間、いくら返済するのか、毎月払いとボーナス返済の割合はどうなっているでしょうか。

この先、自分の給与が伸びていかなくても、ボーナスが減ることがあっても、何とかやっていけるのかとうかを、今のうちに考えてみることも大切だと思います。その上で住宅ローンの借り換え、繰上げ返済、返済方法の変更など、効果的な対策をとりたいものです。

— posted by マナピー at 10:56 am  

レーシック手術を実際に行うまでの流れは?

ここではレーシックの手術までの流れをざっくり紹介するぞい。正直レーシック自体は手術が20~30分くらいで終わるてと聞いておる人が大半じゃろうから1日で終わると思っておる人のさぞ多いじゃろう。ただしローマは1日にして成らずじゃ。レーシックも1日で終わるもんでもないんじゃ。

手術自体は1日かからず終わるが、そこへ行くまでの綿密な打ち合わせ。実際に手術をしてみてから日常生活への支障がないかキチンと確認してみんことには、レーシック手術が終わったかどうかなんて判断出来んのじゃ。ということで、ここではレーシックの実際の手術の流れについても紹介していくぞい!

レーシックの手術までの流れは?

さて、本題じゃがレーシックは手術前の期間というのは、やはり個人差があるぞい。手術前の検査でコンタクトレンズをしている人は角膜を圧迫するコトを忘れてはならんぞい。

形状や厚みに大きく影響してしまうんじゃな。これがも元にどるまでに大体個人差があって、1週間~遅い人だと3週間かかるんじゃ。オルソケラトロジーレンズを使っている人は1ヶ月は必要とされているんじゃ。

なんで初回の検査の時にこの形状を戻しておくと通う回数が1回減るぞい。つけたままだと2回目の検査でキチンと角膜の形状が元に戻っているのかどうかを確認をする必要があるんじゃ。

自転車で5分とかの距離ならいいんじゃが、わざわざ新幹線を使って通っている人からすればレーシックの初めての検査の予約はコンタクトの形状がきちんと戻るまでの期間を考えた方がいいかもしれんぞ。これで手術という流れになるんじゃな。

— posted by マナピー at 06:15 pm  

レーシックは全部で何回通わないといけないの?

さて前回の記事で検査→レーシック手術で最短2日じゃが、その次の日に必ず検査が必要となる。つまり仕事を休んだりする場合は手術日とその翌日の検査日じゃな。この日も休んで検査に行く必要があるんじゃ。

じゃが場合によっては休まなくとも、仕事の合間でいって検査することも可能じゃぞ。ただし地方から新幹線などで移動している人は素直に一泊していったほうがよさそうじゃな。

そしてこの後に1ヶ月検診、3ヶ月検診、6ヶ月検診を終えたら晴れてレーシック手術完了となるぞい。ただしクリニックによっては1週間検診をしたり1年検診を実施している場合もある。

各所で微差はあるが概ねこういう感じじゃの。しかも待ち時間は長いが検診自体は15分くらいで完了するわい。遠出で検診する必要がある人はクリニックの保証内容をよく考えてみるのがいいぞい。中には交通費用を出してくれるクリニックもあるからの。

— posted by マナピー at 04:15 pm  

 

レーシックの手術前の検査ってどんなのをするの?

レーシックを5人に1人位の割合で検査する事はできないということは前回の「レーシックを受けられない人もいる!?」の記事で説明したはずじゃ。

じゃからどうせ受けるコトができないかもしれない可能性があるんだから悩まずにまずはクリニックで無料検査を受けてみることが重要というコトじゃな。ここでは眼科やクリニックの選び方は省いておるぞい。では早速どんな検査を受けるのか見ていこう!

手術前の検査ってどんなのを受けるの?

まず最初に、トポグラファーと呼ばれる機械を使って目の測定じゃ。これは角膜の形状を測定するものじゃな。次に順番は決まっておらんが、近視や乱視がどの程度なのかの測定や角膜が現在光をどれだけ屈折させているのかを測定。

現在の矯正視力の測定、瞳孔の大きさ、目の中にある眼内液の圧力(眼圧)や角膜の厚さ、眼軸長、角膜内皮の測定など多数検査を受けるのじゃ。

ただし目というのは、体調の状態によって大きく変化するから要注意じゃ。風邪や熱などにより体調が悪かったり、寝てなかったり、眼精疲労が溜まっていたりすると検査結果はかなり変わってくることもあるぞい。ここを通常通りの検査結果を出すためにも体調をきちんと整えておくことが重要じゃぞ。

— posted by マナピー at 04:00 pm  

 

レーシックを受けるコトができない人もいるの?

ここまでレーシックについていろいろ学んできたと思うが、実はレーシックを受けたくても受けるコトができない人も正直いるんじゃ。それもクリニック側の情報によると5人に1人くらいのペースらしいぞい。ここではレーシックを受けるコトができない人はどんな人たちなのかを紹介していくぞい。

レーシックを受けるコトができない人はどんな人なの?

レーシックは、前述したように、角膜を削るコトにより、光の屈折を変化させる手術じゃが、その屈折率はより多くの角膜を削れば削るほど矯正可能となるんじゃ。

つまりじゃな、角膜が薄い人は手術後の角膜強度に対してものすごく不安となるわけじゃな。このタイプの人は残念じゃが、レーシックを受けることは出来んのじゃ。

あと病気で角膜が薄くなり、その中心部分がボコッと出る「円錐水膜」という疾患を持つ人は手術を受けることは出来んのじゃ。

あとは、一見関係の内容に感じるかもしれんが、高血圧の人や糖尿病、リウマチの人、さらには妊娠中の人も手術を受けることは出来んのじゃ。理由はシンプルで、この条件の人たちは手術後に体の回復力が健康的な人と比べて違う可能性が少しでもあるからなんじゃ。

治癒力も非常に重要な懸念材料で、些細な病気でも昔持っていた病気でもキチンを記入したり、医師に相談したほうがええぞい。また現在常用している薬、ピルやプロペシア、気管支拡張剤などの薬でも全部吐き出しておいたほうがいいぞい。

レーシックはどうせ受けるコトができない可能性があるんだから逆に言うと悩むくらいなら1度クリニックで検査を受けてみるべきじゃとワシは思っとる。検査は無料で出来るわけじゃし悩むくらいなら1度検査を受けてみることが前にすすむ為の第一歩じゃな。

— posted by マナピー at 03:55 pm